木村カエラ@HOCUSPOCUS

hocuspocus.jpg
 これで5枚目。最近は昔ほどCDを買わなくなった。その理由はレンタルが充実しているからですが、そんな時代でも、手元にマスターCDを置いておきたい作品は必ず買っています。昔はしょもない衝動買いが多すぎたのだと反省しながら、でも、好き嫌いのラインはどこで引いているのだろうと思った。アーティスト性や言動やルックスやメディアでの活躍・・・、いろいろ考え方や捉えかたはあるでしょうけれど、CDを買う買わないというラインは相対的には「音楽性」なのですが、絶対的にはそのアーティストの「声質」だったりする。しませんか?昔から好き嫌いのラインはそこで引いている傾向が多いような・・・。