勇粋連20周年コンサートin名田庄

yusuiren090614.jpg
 雄大というか壮大というか幻想というか荘厳というか、和太鼓の迫力に心を奪われたひとときでした。和太鼓=日本の心などという公式はどうでもいいですが、演者が和太鼓と一対一の勝負をしている感じ、一発一発のばちの打ち込みが震えさす空気の感じ、そして、それを熱い視線で見守る観客の人々。この構図に、和太鼓という分野の持つ歴史的な尊厳さや子どもからご年配まで楽しめる音楽としてしての和太鼓の深い魅力を感じることができたステージでした。勇粋連の皆様、そして、ゲストチームの皆様、本当にありがとうございました。