ひさびさのレザボアドッグス。

 ひさびに映画「レザボアドッグス」を観た。う~ん、気を緩める部分が1秒もない。さすが、タラ氏である。ここから大きな作品に繋がっていくが、これが一番いいと思います。しかし、この役者揃いの中においてもここまで輝くのかH.カイテルという感じ。う~ん、久々に聞く、ジョージベーカセレクション、昔に観た時よりもワンランク上の緊張感で観ていることに気がついた。これは映画の持つワインのような魅力なのだろうか・・・。
 で、何か物語や作品を創り込むならここまでのテンションがなければ・・・的な自分にとってのシャングリアのような作品である。Dick dick dick and dick, Hence,like a virgin.