宮台真司という人。

 この方を知ったのは「日本の難点」という書籍がきっかけ。書籍を読み、もっとこの方のことを知りたくてWEBを確認。ブログ「MIYADAI.com Blog」を発見した。ここまで日本の難点をズバリズバリと切れる人はどいうバンクボーンなのか?他に様々なアプローチを試みておられるこの人物の詳細を知りたいという想いが強くなる。特に日本の難点で気に入ったフレーズがあるのですが、それは、どれだけ情報技術や便利な世の中になっても人の心から心に伝わるのは心ですよ・・・的なニュアンスが含まれている言葉であり、さらに、この言葉には人間の本質や歴史や国際的な様々な問題を包括したメッセージさえ含まれているように感じられた。

 その言葉は「スゴイ奴はスゴイ奴を知っている。」である。非体育会系的理科系の頭の人には理解不能でしょうね。私の身体は頭は心は完全に「体育会系的文科(芸術系)系」なので、口より手が先に出るタイプ、手が動くタイプとしてこの方のいろいろな言葉が心に染み込みましたね。「日本の難点」書店で見かけられたらぜひお手元に!