YouTube化!?

 最近のテレビは「仰天映像」や「懐かし映像」の乱れ撃ちである。まるで、YouTubeのよう。しかし、どれだけランク設定しても、カテゴリーで編集しても、オンラインの利便性には勝てないでしょうね、テレビは。だから、もっと、テレビというギアに特化したコンテンツを流さないといけないのではないでしょうか。って、テレビ会社の役員でもないのに現場の苦労も知らないまま勝手な言い草である。だから、消費者目線は楽である。YouTubeに流れている膨大なコンテンツを全てエンジョイすることは不可能ですから、限られた時間で目的のコンテンツを取得するために様々な工夫が感じられるWEBと、明らかにある限られた企業と関係者の私腹が肥えていそうなテレビメディアの衰退は当然の流れかもしれません。まぁ、心を入れ替えてその私腹で何か文化的な芸術的な国際的なコンテンツをその方たちが取り組めばまたそれは意義のある活動になるのでしょうけれど、それは、逆本末転倒であり、その段階の方はその判断は無理でしょう。やはり、桃は上流から流れてくるのが自然ですし、心意気の伝導は熱意の対流と同じルートで「アリ」から「なし」へ伝わるべきなのでしょう。間違ってもいろいろな意味で「なし」な人にはなりたくないです。