PLUTO最終巻。

 最終巻を読みました。なるほどという結末。「憎しみからは何も生まれない。」このメッセージがどれだけリアリティーがあるのかを浦沢さんはここまで「PLUTO」という作品で高められた。高さが難解にならないマンガという手法で小説のように論文のように学術書のように。それは、つまり、手塚治虫氏からの譲り受けられた大切なスピリッツなのだと思います。人間は素晴らしいのか愚かなのか?戦いの向こうにお花畑は咲き乱れるのか?非常に非常に感じがいのある作品でした。

 この作品のことを教えてくれたI氏にまずは感謝。