火の元 にらめっ子!?

 長浜の消防署のヘッダーに啓示してあった火の用心の現在の標語はこうなっている。「消えるまで ゆっくり火の元 にらめっ子」。そのまま何もひっかからず通り過ぎればいいのですが、どうも、その前を車で走り過ぎても何かモヤモヤしている感じ。生粋のツッコミ型人間なので、このモヤモヤは何故だろうと考えていました。まぁ、考えるまでもなく、「にらめっ子」の「子」がうまいのか???なのかがモヤモヤとひっかかる。ツッコミでいえば「にらめっ子」ってなんやねん!!!でいいのですが、この作者のニュアンスでいくと「大人の火の不始末をゆくりっと見ていてね子どもたち」というニュアンスになり、引いては子どもの頃から火の管理はしっかりしましょうね!というメッセージが込められているということになり、さらに言えば、だらしない大人は自分の火の始末もろくにできないので、次の世代の君たちが見守ってあげてくださいね。ということへの解釈にも発展してしまう。

 で、でも、「にらめっこ」でいいのではないだろうか。ただの独り言ですが・・・。