WEBだから・・・。

 海外の方に言わせれば日本の「流行り廃り」のサイクルは世界一らしい。これが誇れることなのかそうでないことなのかはさて置き、厳しい景気のこの時代、「お値打ち」という語感から得られる情報の本質は「安いけれど品質はそこそこ」のような捉え方でいます。また、「薄利多売」なんて四文字熟語もよくPののぼりや中古Sの店頭で見かけることが多いのですが、これは、どういう語感かと言うと「ウチは儲けをぎりぎりまで切り詰めてより多くのお客様に喜んでいただくための企業努力を惜しんではいません。だから、一度、ウチの商品をご覧いただき~ベラベラベラ」となる。が、利益は求めつつも、たくさん売りたいなら、別に薄い利益を強調しなくともいいのに、不思議なこの国ではこれが簡単に通用してしまう言語伝達効果が機能してしまう。これが悲しのか悲しくないのかもさて置き、「WEB限定特価商品」と聞いて高いと感じる人はいないぐらい、「WEBで買う=店で買うより安い」という価値観になっているのは何故だろう?流通コストや取引コストが少ないから安くできる!?と通念で考えればそうかもしれないが、店よりも確かにいろいろなコストが付加されないことは理解できますが、逆に別のコストや条件が必要になってくるわけで、WEBは玉手箱でない以上、WEBだから安いと定着させてしまった発端がとても気になります。逆にWEBだから高いがそこらへんのお店で売っていないですよぉ~というアプローチをすれば、逆転の発想になるような気がするのですが。それは、みんなで注文するから怖くない国の人々の社会心理がグイグイ機能しているように思います。

 モバイルならまだしも、PCで何かを購入するのは、PCで何かを販売するというのは、そろそろ定着してきたのだから、安いものは安い、高いものは高いでいいのではないでしょうか。

 で、何かを買う時も売る時もそうですが、時代はより整理されてきています。いろいろな意味で。だから、もっと、落ち着いてゆったりと吟味して検証してから、トゥース!でいいのではないでしょうか、春日さんのように。あの人は名実ともにモノホンの倹約家であってほしい。そこに「テレビ用」だけはあってほしくないと願うオードリーファンの独り言でした。