「ウェブデザイン見本帳」オブスキュアインクス著

books09080102.jpg
 DTPからWEBへテクノロジーが変化し新しいメディアと呼ばれ何か根本的に価値観が変化したように思えるがそれはただのかげろうである。WEBという薬でふわふわしたいならたぶんこの書籍は必要ないだろうし、コンサルティングやエンジニアの論理や方法論をただステレオタイプに具現化するならふわふわした抽象度の高さで勝負した方がメディアとして成立するだろう。空間を演出したり、伝えたいことを整理するためには、何ごとにおいても「基本と応用」の視点が不可欠である。非常に仕事に有益で活用度合が高い以上に編集の品質が高い。この手の書籍にはいつも反応できずに書店の棚に戻しているが、この書籍は非常に根本的な部分を理解してWEBに対してアプローチしていると感じられた。内容も印象も品質もとても「美しい」書籍ですね。