この3冊でした。

books090902.jpg
 普段から、とりとめもなくいろいろなジャンルの書籍を読むのですが、その中で、この3冊は「仮想現実」のテーマを考えるヒントをいっぱいいただけました。この中からいくつか第26号の原稿依頼書に添付させていただきたいと考えております。ずっと「仮想現実」って何だろうと頭の中で整理したかったのですが、なかなか手ごわかったです。しかし、この3冊の中にあるいろいろな文脈でかなり具象化でき純化したようになっています。この勢いが萎えないうちに第26号を仕上げたいと思っております。関が切れた感覚で進めさえていただければと考えております。皆様、よろしくお願いいたします。