ケータイサイトのデザイン。

 やはりケータイサイトもPCと同様にリサーチすればするほど奥が深いというか裾野が広い。どこまでもどこまでも広がっているような感覚であり、同様に広い部分と高い部分があり、高い部分は多くは存在しないのですが頂が見えないほど高い世界のような気がします。感覚的に高いというか深いという感覚もあり、ではでは、クリエイターとして「登る」のか「掘る」のか、はたまた、草原を探すのか・・・?

 この感覚はビジネスに限らずあらゆる分野で起こっている現象であり、土着の地の利がビジネスを左右していた頃はなんとか組合やなんとか団体やなんとか協会に所属してこそみたいな意義がありましたが、それが、底が抜け、空が実は平面ではなく、無限の彼方だったことに気がついた太古の科学者たちのような感覚で、青い天井をグラグラの大地の上で見上げてるような構図イメージの専門家は多いのではないでしょうか。政治に限定したり宗教に限定したりすることではなく、確実に情報の網に包まれ地球は小さくなっているし宇宙に手が届く時代になったような感覚は昔のSFチックな部分からかなりリアリティーがあるように思う。

 で、携帯サイトのデザインがどこに向かうのかは不明であり、実際、インターネット文化・技術の一番先頭を走っている方たちは何を考えておられるのでしょう?どんなに技術や知識を持った方でも一番最初に動くための「incentive」は「気持ち」や「心」でしょうし・・・。確か何かの書籍でゲイツが「incentiveが大切」「incentiveがあらゆることを左右する」と言っていたのはその背景があるからでしょうね。