WEBエンジニアはいらない!?

 「企業や個人事業主、店舗経営者がWEBサイトを構築するうえで、豊富な専門知識を持ったWEBエンジニアは頼りになる存在だ。しかしその半面、WEBサイトの制作を外部に依頼することは、コンテンツの追加に時間を要したり、意思疎通がうまくいかず狙いとは別の仕上がりになるという不安はつきまとう。「自分たちの手で、もっと簡単にWEBサイトを運営したい」と、もどかしく思っている人もいるはずだ。9月25日に発売した「BiND for WebLiFE* 3」は、そんな人々に答えを打ち出すツールかもしれない。」とあるWEBなどのデザイナー向けの専門サイトに書かれていた。確かに私自身WEBエンジニアではないので、WEBサイトを構築する際にWEBエンジニアさんと組むことが多々あるが、その知識たるや到底、私などの知る由もないことばかり、そして、システムを構築する際のノウハウたるや・・・であり、圧倒的な知識と経験値と技術力を感じています。そこには、ただだの知識や技術だけではなく、ユーザーの多種多様なニーズを汲み取り総合的に使いやすくコストパフォーマンスに優れたシステムづくりを展開しておられる印象がある。確かにこのようなアプリが充実してくるのは、知識のない方でも経験値の少ない方でも~ってことでしょうけれど、それこそ、「そうは問屋が卸さない」的な部分も多いにあるのではないでしょうか。パソコンとソフトがあり、そのソフトの知識があれば、なんでもかんでも内省化できるとは言えないと思います。デジタル化と共に業界的に縮小を余儀なくされた業務や仕事の分野も確かにありますが、「WEBエンジニアさん」「システムエンジニアさん」をいらない!と言ってしまうのはまだまだ先のような。たぶんその「先」には、今、企業で内省化して業務を活発にしたりコストを削減しようとしている程度レベルの人の方がいらないぐらいの時代になるのではないだろうか。

 で、その時に社会や時代に「いらない!」と言われないような人間にならなければ、結果、いろいろな意味で「余り」になってしまう危機感を持って頑張ろうと思う。ただ、このアプリには興味があるので、いずれ・・・。(なんじゃそりゃ!)