長門の結論。

 そうかそうかそういう結論なのか。なるほど、ここまで大きな戦いを展開してどこまでドロドロになるパワー戦かと思いきややはりきれいに落とされるという印象です。そもそもペインの強引さは盲目的なところがあったもののただただ戦いの中で何かを感じるというタイプではなく、明確に争いの意義を確認しながら歩を進めるような印象がありました。他の暁のメンバーにしてみれば、強いだけであり、ペインほどの深さがなかった。今回のバトルでやはり次から次へ状態ってことでドキドキしたのは、意外と「サソリVSサクラ&ちよ婆様」だったような印象があり、確かにナルトの覚醒加減は物語の本丸だけに激しさはひとしおでした。しかし、お互いのポテンシャルと技のセンスと手持ちのコマの引出しからの出し方で言えば、「サソリVSサクラ&ちよ婆様」が一番、ドキドキしてしまいました。

 で、次はいよいよマダラと木の葉のドロドロな様相を感じるつなぎもありで、さてさて、ナルトはどこまで大きくなるのかということと、サスケとの和解はあるのかなどまたまた次の号を楽しみに待ちたいと思っております。しかし、このテンションはジャンプのユーザーの皆様はしっくり来ているのかでしょうか?もっと、バトルありきの物語がイタチあたりから盛り上がりましたが、長門(ペイン)VSナルトはとても納得の展開だと思っているのですが・・・。ちょっと、背景の説明が多かったような、ジャンプのユーザーってもっとガンガンのバトルを最後まで期待しているような・・・。