ワンピースが古い!?

 映画「ストロングワールド」がテレビで紹介されていました。ここまでコミックスがヒットすればいろいろなその手の評論家が啓蟄のように地中からごそごそと現われていろいろな鳴き声を出す。大人から子どもまでドキドキワクワクのワンピースをただの「感動物語」で締めくくろうとしているこのテレビ番組の編集意図も納得はいかないし、仮に便宜上、尾田先生が「七人の侍」的に~というコメントを言われたからと言って何も「七人の侍」と「ワンピース」を関連付けてモゴモゴと鳴き始めるのだろうか。それは「ワンピース」の極々側面でしかないのに。テレビ的なコメントだろうけれど、ジブリの方(宮崎監督ではなく)が最後にコメントをしていた。「初めて読んだのですが、びっくりしましたねぇ~。この物語が驚くほど古いスタイルで~」とのこと。宮崎監督が言うならいいが、スタジオジブリのおごりだろうか、「古い」としか認識できない寂しい感覚に朝からちょっと背筋がぞぉ~でした。

 「古い」「新しい」を語るにはそれ相当の軸が必要ですよ。あなたは「古い」ものの何を知っているのか?あなたは「新しい」ものの何を知っているのか?たぶん、物語の登場人物の相関図だけを見てこのスタイルは「古い」と言ったのだろうか?「義理」「人情」「涙」がなぜ古いのか???ならばそれと比較してジブリは「新しい」のか?ちょっとジブリが嫌いになりました。(宮崎監督は勿論別格です。)これは間違いなくジブリのおごりのようにテレビには映っていましたね。スタジオジブリとは言え、ワンピースを敵視しないほうがいいのではないでしょうかとさえ、ヒートアップしてしまうような一言でした。

 ただ、宣伝映像でルフィーがバズーカ砲を撃っていたがあれはテイスト的にはNGだろう・・・。ちょっと残念・・・・・・。ただのTIPSならいいのですが・・・。