After Effects CS4 の新機能について。

gamen100130.jpg
 ざっと、CS4の新機能は下記のとおりらしい。

◎指定するモバイルデバイス向けにカスタマイズしたムービーを作成する:モバイルデバイスで再生できるコンポジションを作成する
※なるほど、A.E.もモバイルコンテツ機能が強化されたのか。

◎メモリとマルチプロセッサの設定をより簡単に行う:メモリとマルチプロセッサの環境設定
※よりレンダリングの負荷をプラットフォームに合わせて微調整できるということですね。

◎XMP メタデータと改善されたマーカー機能を使用して各作業段階をさらにスムーズに進める:XMP メタデータおよびマーカー
※なるほどメタデータともしっかりと連携するのですね。

◎コンポジションを Adobe Flash® Professional で使用できるように保存する:Flash Professional および Flash Player へのレンダリングと書き出し
※やはり、この部分は強いですね。FLASHとの連携はもう映像コンテンツの必須条件。

◎ネスト化されたコンポジション間をより簡単に移動する:ネスト化したコンポジションを開いたり移動したりする
※この構成は作業効率を上げるメリットとプランの際にこれを踏むのと踏まないのとでは大きな生産力の格差になるわけで、ネスト化はプログラム系に特化している仕組みだと思っていたのですが、A.E.にもその恩恵が装備されたということ。

◎位置の各コンポーネントを個別にアニメートする:位置を次元に分割してコンポーネントを個別にアニメートする
※これはちょっとさらにリサーチが必要ですね。

◎検索フィールドでより簡単にアイテムを見つける:タイムライン、プロジェクトおよびエフェクト&プリセットパネルでの検索とフィルタ
※これはかなり優れた新機能ですね。

◎Adobe Photoshop® Extended から読み込んだ 3D オブジェクトレイヤーを使用する:Photoshop の 3D オブジェクトレイヤーの使用
※ほぉ~、例の奴ですな。

◎プロジェクトのコピーを新しい XML プロジェクトファイル形式で保存して自動化ワークフローを改善する:プロジェクトの概要
※もう、プログラム連携がコンテンツ作成に必須知識のようですね。

◎Dynamic Link を使用して Adobe Premiere® Pro シーケンスを読み込むまたは作成する:Adobe Premiere Pro と After Effects の使用
※この連携はここまで進化しているのか・・・、でも、実際連動させてみないとピンとこない。

◎Imagineer Systems mocha for After Effects を使用してモーションをトラックする:モーションのトラッキングとスタビライズ
※これは新ネタですね。

これらを使いこなすには時間が必要ですが、アドビのいいのはすべて理にかなっているということ。すべてが計算されつくしてインターフェイスからアプローチ可能だという優れ感。情報として知覚していることが手になじむ、なじませるまでの時間が勝負です。でも、かなりドキドキワクワクな新機能です。