映画「KNOWING」を観て。

knowing_mov.jpg
 ずっとレンタルショップで気になっていたのですが、ようやく1点だけ返却されていたのでレンタル。物語はドキュメントSFタッチで50年前の暗号のディテールや飛行機の墜落シーンなどなどとても迫力がありリアリティーがありました。ニコラス・ケイジはどうもこのタッチの映画にほんとにマッチする。知的な雰囲気や勇気あるガッツある主人公はとてもマッチする。それに複雑な過去を背負う父親役というところも、ちょっと酒におぼれる部分なども含めるとこの役はニコラス・ケイジしか想像できなというほどのハマリ方でした。

 映画の物語の展開についてはあまりベラベラといくら個人ブログとは言え、書くものでもないというポリシーを基本にしているので、賛否とか偏った意見はできるだけひかえて、ひとつだけとても新鮮だったシーンがありましたのでので、それについて。

 それは、かなり後半の部分で重要な部分なのでディテールの詳細はひかえますが、オチが登場するシーンがとてもイマジネーションを極めた感じがして、「おお、ここまでクリエイトするのか!このリアリティーはやるやん!!」というクリエイトでした。CGありきで努力やガッツは感じますが、それだけ。もっと、センス的な部分やテイストの部分を物語に沿って組み上げて欲しい・・・という素人にありがちな青天井な意見がどうしてもどうしても浮上する映画が多い中、この後半からラストシーンのクリエイションはGREATでした。映画「コンタクト」以来。


 ただ、このオチ自体はありがちだったのでちょっと残念。でも、起承転結の「起承転」まではとてもとてもGOODでした。さぁ、地球の存在とは何?何?何?

詳しくはこちらをご覧ください。