R-1グランプリの結果。

 昨年のR-1グランプルは絶対にバカリズムさんが優勝だった。なぜ、あのチャンピオンが選ばれたのか今でも納得がいかない。しかし、今年はどうだったのか。決勝に残った人達は納得の面子。序盤戦、お笑い番組が多いせいかどの方のどのネタもどこかで観たもののブラッシュアップ。笑えるが爆発する感じはない。そして、3組目にバカリズムさん。非常に練れていたが昨年の爆発力には欠けていた。その後、なだぎさんまで納得のいかないネタが続く。ほほえましいとは感じるが爆発力はいずれも欠けている。

 とここまでで、感じたことは、ラサール石井さん以外の審査員のコメントの緩さと、会場の温度の低さ。どういう基準でこの審査員と会場客が選ばれたのかと思ってしまうほどの鎮静ぶり。あの観客達は絶対にお笑いに対してさほど期待している人たちではなかったような。そして、一番残念だったのが、三枝師匠のコメント。緩い。もう、今のトップクラスのお笑いと明らかにズレているコメントが目立つ。世代が異なり、フィールドが異なるとこうもクイチガうウのかというズレの連発。

 で、なだぎさん、エハラさん、あべさんとなだれ込む。一気にそれまでの緩い採点を3名はクリアして、最終エントリーへ。これもどこかシナリオがあるように思えた。が、さすが、実力者の3名。ネタは安心して笑え、流石の構成力と表現力で爆発感があった。しかし、M-1の「ハライチ」さんや「パンクブーブー」さんの爆発力には500歩以上届いていない。

 で、念願のグランプリはあべさんだったのですが、これは、非常に納得納得納得。他にエハラさん以外がグランプリを獲得していたら、絶対に裏がある番組構成だと思っていただろう。あべさんは爆発力とまではいかないものの、セットもツールもなしにマイクスタンド1本で勝負していた。これは美学を感じるし、ネタもさすがの仕込み。今年のR-1グランプルはとっても納得のいくチャンピオンが誕生して楽しかったし、面白かった。

 唯一、この会場にシロウイトウの存在意義は無かった。