バイアス。

 バイアスとは「バイアス(英:bias)、斜め、または偏りや歪みを意味し、転じて偏見や先入観という意味をもつ。心理学や社会学などの統計から一般論を導く分野で使われることが多い。」となっている。何かしらのリサーチ・アプローチを試みる時、それまでの記憶や方法論が問題の解決に有効に機能する場合とそうでない場合があり、フィルター的な解釈でそれを捉える場合や、目的と手法の置き換え的な論理で表現される場合がある。また、主体と客体についても明確にボーダーを設定することは難しいが必ずそのボーダーが存在し、意識が二分になり多重にもなる。その場合、バイアスとはこれらの障害が発生することを指しているのだろう。

 では、「バイアス」は悪玉なのか?しかし、この意見にもバイアスが発生している。純化するとは本当に難しい。泥水がビーカーにあるイメージいうとやはりそれには時間が必要なのでしょう。バイアスとは混沌とする情報化時代に仕掛けられたトラップなのか?しかし、これまた「トラップ」は善玉かもしれない?というバイアスが適用されてしまう。このループ、非常にワクワクドキドキしますね。