「openPNE」という取り組み。

books10040101.jpg
books10040102.jpg
 そうかそうか、こんなのがあったのか!いろいろ一生懸命リサーチしているようで、こんな素敵な情報はずっと視野の外だったとは・・・。ちょっとショックです。やはり、いつもアンテナを研磨しなければいけないですね。ちょっと安泰モードになっているうちに世の中ではいろいろなことが驚くべきスピードで突き進んでいるのですね。う~ん、かなりショックでした。「先入観」や「思い込み」のフレームって怖い。

 で、「はじめに」の部分にはこう記載されています。「OpenPNEは、SNSを実現するためのプログラムです。PHPとMysqlで動作し、オープンソース方式で開発されています。多くのレンタルサーバで動くように作られており、オープンソースなので無償で使えることから、簡単に仲間と楽しめるコミュニティ空間を作ることができます。~中略~ 普通、SNSと言えばmixiやGREEなどの大型のサイトを想像するかもしれませんが、どうしてこれだけの数のSNSがそれぞれ共存し、成長を続けているのでしょうか?本書ではまず、その理由も含めて、SNSとOpenPNEそれぞれの特徴について理解していただきます。SNSやOpenPNEの特質を十分に理解できれば、魅力的なSNSを立ち上げ、運営できるようになることはそんなに難しいことではありません。本書がその一助になれば幸いです。」となっている。

 とは言え、「簡単に~」と「難しいことではありません。」の部分についてはやはり相当の知識と企画力が必要でることは当然であり、いくら無償だとは言え、SNSに興味があり、そのテイのWEBサイトを起動したいとなった方でも100人が100人ともこのソースを活用できるにはならない。それは、なんでもそうですが、「1週間であなたもFLASHの達人!」みたいなテイの書籍と同じ。ポテンシャルを無視して1週間で何がどうなるかは、その書籍を手にした方次第なのである。これは責任・無責任の問題ではなく、情報の捉え方のお話。

 ただ、このソースの情報を現在の段階で入手できてアウトラインを理解できたことは非常に意義がありました。人もそうですが、情報も一期一会ですね。さてさて、早速、アクトのWEBサイトのリニューアルコンテンツとしてテスト設置してみます。公開後はこのブログでアナウンスさせていただきます。100人ぐらいの登録者が集まれば大成功でしょうね。頑張ろう・・・。