ヒルクライム@リサイタル

 ジャンルはHipHopになるのでしょう、なんとなく気になりCDをレンタル。うん、やっぱいい。このタイプの音楽で言うと海外の有名どころはいろいろ聞くのですが、日本でとなると・・・。どうも機能重視というかスタイルありきで楽しくXXXXノリで行きましょう系やなんかカリスマぷんぷんのオーラ系が目立ちこれと言ってチョイスするアーティストは少なく、たまにこういう方が出てこられると、ああ、日本語っていいなぁ~と思うのです。描く世界もいいし、何よりボーカルの方の声がいい。音楽っていろいろな判断材料があると思うのですが、歌詞の世界観やルーツやスキルクラスや。でも、最後の最後でよく聞くアーティストの傾向としては声の質というか声のタイプでチョイスしているようなパターンがあります。ヒットしているしていない、売れている売れていない、カリスマかカリスマでないかなどは2の次。そのアーティストの声の質と音楽性が魅力的であればやはりいつもどこで聞きたい音楽という構図。という意味で、ヒルクライムさんのアルバム「リサイタル」は良かったですね。