健康球。

kenkoukyu.jpg
 中国の物産コーナーで見つけた健康球。これを手の中でくるくる回しながら手先の感覚を高めたり、リラックスしたり。手先と脳の関係を踏んだ中国の知恵ということだろう。確かにこの感覚は大切にしたい。アナログの仕事もデジタルの仕事も結局五感でインプットして声や手先でアウトプットしている。脳から筋肉に信号が行きながら、触感から脳に信号を送り返す。このパラレルなヒット&アウエイが結果感覚にテンションを与えながら緩めながらアクションになる。イメージしたことをリアル現実に適用させるためのプロセスはたぶんどれだけデジタルデジタルした社会が覚醒しようが同じ。

 で、健康球をいつも手元に置いています。指先と頭の信号経路に適度なテンションとリラックスをキープするために。そして、この鉄の球の中には磁石が入っているので、磁気も少しながら血流に影響があるのだろう・・・的な信じるから救われたいのテイであるが、まぁ、このフォルムもなんか「健康」への知恵のベクトルが感じられとてもオキニイリです。