パターで狙えるなら絶対にパターで。

 これはゴルフをする人意外にはピンとこないお話かもしれないですが、あるゴルフ雑誌に書いてあった言葉です。グリーン周りのアプローチのお話で、セカンド・サード、もしくはショートのティーショットでグリーンをはずした場合、もしくは、あと少しでグリーンに届かなかった場合の状況で、花道やグリーン面までラフやバンカーなどのトラップがなく、起伏(砲台でなければ。)もさほどなければパターでピンを狙いなさいという意味である。アベレージゴルファーはテレビでプロの技を観て、マンガでイメージだけを誇張させて、PWやAWやPS、もしくは、ミドルで低く打ち出してスピンでピンに絡ませるみたいなアプローチをイメージして、結果、ホームラン、ザックリになる。それもゴルフと楽しいうちはいいが、その一打の重さが心にのしかかるぐらいなら、状況を判断してパターで寄せろ。もしくは、パターでチップインを狙えということ。間違ってもミケルソンのようなロブショットでピンハイに落とすみたいなイメージは究極のアドベンチャー。

 しかしながら、なかなか、アベレージゴルファーは無意味なプライドがあり、それがセオリーだと思い込んでしまい、パターで狙える状況でもウエッジやアイアンを手にしてしまう。ここが実はゴルフのランクを決定的に決める境界線なのだろう。つまり、先入観や固定観念の中だけでプレイを進め、例えそれが失敗しても技術が未熟だからハハハと楽しいモードで納得。仮にベタに落ちたり間違ってカップインした日にはその感触をいつまでも引きずりまくる。これは、何もゴルフだけに関連・連動したお話ではない。

 で、何でもそう。今、自分のボールがある位置や状況を判断してどのクラブでどのような打ち方をするのがベターかを判断しなさい。一番簡単なクラブであるパターでピンを狙えるならスタイルとかセオリーとか捨てて素直にパターでピンを狙いなさいというニュアンスだろう。

 が、ゴルフでも仕事でも人生でもなかかなこれができそでできない・・・。どんな状況でもパターでピンをカップを狙えるならパターを握る判断力を持ちたいものです。ゴルフもその他もやはり上がってなんぼだから。プロセスより結果っていうが、いい結果も悪い結果も積み重ねていかなければいけないわけで、となると、結果はプロセスに含まれる。全ては流れの上で捉えれば、先入観や固定観念がいかに無駄なリミッターになって悪く機能していることに気がつくのに。やはり、ナチュラルにストレートにピュアなインスピレーションに反応できるフラットな頭でいつもいたいですね。ゴルフも仕事も人生も。