外来魚の駆除。

 ブラックバスの顔を見なくなり久しいが、ルアーフィッシングには様々な魅力があり、「ゲームフィッシング」の本質に真髄に一度でも触れた人であれば、人と魚、人と自然、人と人のコミュニケーションの魅力こそがallであると知る。いつのころか、琵琶湖でもブラックバスを外来魚として捉え生態系が崩壊するとの危機感でブラックバスの駆除が市民権を得て、猫も杓子も駆除をエンタメに置き換え大義と捉えエンジョイしはじめてから、一回も琵琶湖にルアーを投げていない。このムーブメントを否定も肯定もしないが、自分自身のスタイルとしてキャッチ&リリースは必須であるから、それを規制されるようなレイクにルアーを投げたくないというのがコアにあるからです。

 生態系を守るために子どもたちがブラックバスを害魚と認識して殺すために釣るという捕獲行為に興じることがある側面では教育かもしれないが、大きな自然の摂理から観ればある視点では的は得ていないように感じます。この部分が不透明な状態でとても琵琶湖にルアーを投げる気持ちにはなれず、ずっと、ロッドを置いている。自然の生態系のリズムを崩してきた張本人が便宜上の目先の論理で生態系に何の手を施そうが、自然は自然のままがいい。例え、人為的に放流された外来魚が繁殖し弱肉強食の法則で元種の存続に対して危機を及ぼそうが、その事実にヒトはある一定の距離を置いた方がいいように思います。それを生業としていない勝手な偏った意見かもしれませんが、鮎やモロコ達は人間に食べられるために、琵琶湖の水産業を担うために生まれてきたわけではないのだから。そして、ブラックバスもアメリカから海を渡って勝手に琵琶湖に辿りついたわけではないのだから。琵琶湖は決してヒトが独占していいものではないのだから、ヒトの都合でなんとかしようなどと奢るべきではないと思う。