A.S.2.0から3.0へ。

 アップルさんの考え方はかなり特殊になっている傾向がありますが、市場を確保したい気持ちがここまで固執するとそれはそれでひとつのブランド戦略のルート感があります。が、普通にWEBサイトを閲覧しているにはこれらのことは「なんのことやら・・・」でいいが、WEBサイトで何かを発信していこうという立場に立つとそれはまた違った見え方をしてきますね。iPod+サファリに何故flashが走らないのか?この部分の確執がこれほど頑強で根が深いとは、まったく驚愕です。しかし、双方にそれ相当の理由があるからこの現状があるのでしょうが、その動向をドキドキして見守っている全世界のWEBクリエイターの皆様の生の声を聞きたいところ。どんな見解があるのだろうか非常に興味があります。

 で、具体的な取組りとなると、2.0を3.0にリメイクする必要があるのですが、それも、ざざっとリサーチしたレベルではまだまだ、日本語で取り組んでいる人は少なそう。ゴリゴリとスクリプトを書ける人はそういないだろうし、また、デザインや販売促進という視点でプログラムな方とコラボってみると、双方の思惑が微妙にずれている。この誤差はいつの時代のどの場面でも存在する誤差だろうけれど、今、世界で起こっているAPPLEとADOBEのつばぜり合い!?はどこで和解するのだろう?いやいや、どちらかがコテンパンになるまでやめないのだろうか?いやいやいやいや、ソフトがハードを飲み込んでしまうのだろうか・・・。双方妥協はしないだろうけれど、もっと、ちょうどいいボチボチラインでちょっとづつ答を出していってほしいなぁ~と思います。

 まぁ、他力本願なことですが、テクとテイのバランスをとりながら「この感じええやん!」というコンテンツやフレームをひとつづつ創っていくしかなさそですね。