アリス・イン・ワンダーランド。

movie_alice_100506.jpg
 いやいや、さすがである。原作のテイストを映像化するって、しかも、新しい物語として。どうなってるだろうかという部分で非常に興味がありましたが、いやいや、さすが。ルイス・キャロルの世界が最新の映像美術でこうなるのか・・・という感嘆感動感激のひとときでした。しかし、まぁ、J.ディップは怪奇な俳優である。アリスの衣装、登場キャラのリアリティー、物語のシンプルな強さ加減、音楽、美術、動き・・・まったくスキのない作品でした。またまた、DVDが楽しみです。