やっと「アバター」。

 やっとのことで映画「アバター」のDVDがレンタルできて観れました。どうもふれこみが「あのタイタニックを抜いて歴代~」ってことだったので「タイタニック」と比較してどうのこうのとなるのはとてもめんどくさいので観ないかもしれないなぁ~と思っていたのですが、いやいや、これほど猫も杓子も状態だとやっぱ観ておこうかな・・・というふわふわした状態で観てしまいました。それが良かったのでしょう、「アビス」の頃のキャメロンのセンスや美術などなどこだわりの部分が存分に画面に出ていてとても素晴らしい映画でした。

 評判の中には物語がシンプルすぎて~とか、ただのCG映画だから~などという酷評が多く耳に入り、ああ、やっぱ、タイタニックで調子にのってその延長上で金だけつかったつまならい作品という印象があったのですが、いやいや、画面の展開やキャラクターのデザインなどなど、どれをとっても超一級品でした。これはかなりオモロイ作品でした。テーマも大きかったですがちゃんと結論に落ちていました。