いいくぼさおりさんライブ。

iikubosaorisan.jpg
 ある方からのお誘いで地元長浜のライブハウス「川崎やさん」にて昨晩「いいくぼさおり」さんのライブを拝見。

 なんと表現すればいいのか・・・、ずばり、3秒で心を持っていかれてしまった。結構、絵にしてもデザインにしてもその他自分自身がこだわっている対象に対してはじっくり観察して自分がどう感じているかについて心の中で頭の中で整理するのですが、いいくぼさおりさんのライブの世界観に3秒秒殺でした。次の瞬間、なぜ、このヒトがここでライブをやっておられるのか???どうして、長浜に来ておられるのか???と???が次から次へと頭に浮かぶ。そして、もう一人の私はさおりさんの世界観に最後の「ひまわり」まで。まるで、IN WONDERLALD状態。

 あとあと考えれば、いいくぼさんを何かに例えられるとしたら、若い頃の矢野顕子さんクラス。ルックスについてはそうそう滋賀県ではなかなか見かけることのないってぐらいの、いわゆるアーティストとしてのオーラをはなちながらの若い女性としての存在感を凛と漂わせている女性。で、圧巻がピアノとその歌声。これついてはもう、彼女のライブを観てください。彼女のDVDを買ってくださとしか伝えようがない。「実力派」「独自性」「楽曲のクオリティー」「歌声」どれをとっても逸品中の逸品。こんな表現は適切な表現ではない(いいくぼさんが心からそのステージを望んではいないような・・・)かもしれないが、タイミングさえ合えば3年後年末の紅と白の音楽テレビ番組に登場しているかもしれないってぐらいの言葉をチョイスしてしまう。決して、その業界の人間ではないので、今、音楽業界の若手で実力のあるアーティストの方がどれぐらおられるかは当然未知数ですが。仮設としてもし100人いて次にブレイクするのは誰かということになると、確実にいいくぼさんだろう。これから事あるごとにすべてのメディアでいいくぼさんをチェックしたいと思います。

 で、ご本人はいたってテンションちょっと高めの個性的なピアノガール。たぶん、ドリカムの吉田美和さんを最初にテレビで観て歌っていない時の印象とかなり近い。音楽業界の浮き沈みは熾烈であることだろうが、たぶん、いいくぼさんの実力とポテンシャルと強さと個性と存在感があれば、彼女の世界は誰にも手が届かないってぐらい高く深く広いモノになっていくだろう。う~ん、素敵な電話をありがとうございましたKOKO様。

詳しくはこちらをどうぞ。「いいくぼさおりWEBサイト」