ゲーム・ゲーム・ゲーム。

 なんとなくですが、無料ゲームのCMが多くないだろうか。それは何のために作られたゲームなのか?同意でアップルのアプリもそう。そのアプリは何のために作ったのだろう?もう、???の連続。そんなにゲームが楽しいのか?全くそのテンションはスルーしてきた、というよりも、否定してきた人間だからかもしれないが、全く意味も意義も価値も感じない。もしそんな言葉があるのならば「無駄以下」の存在だと思う。まず、それは楽しいのか?Wiiでさえ反応しなかった恐竜のような人間だから、まして、オンライン無料ゲームの「オンライン」の意味も「無料」の意味も「ゲーム」の意味も不明である。別に否定しているからと言って、分析をしたくないってほどの拒否反応ではない。それが、何らかの理由で開発されそれを利用している人が有益な時間、生産的な時間を過ごせるなら。もしくは、たまりにたまったストレス解消になるなら、それらはすべて心と身体と人生の健康に繋がる。ここまで誇大解釈して受け入れる気持ちがあるがやはり、しっくりとは来ていない。

 また、特筆すべきはそれらのゲームの中に存在する「お宝」の貧弱極まりなさ。なんでそれが「お宝」なん?ゲームっていうテイだからそれはそれで楽しければいいの?が、楽しいか?それがお宝?また、あるプログラム関連のお話で、ステップアップするたびにアバターの服やアイテムがグレードアップされ、特典ポイントがたまってベラベラベラベラ・・・。って、それがなんやねん!そもそもの「お宝」の定義はなんだったのか?多様にも程がある。

 世の中、ゲームゲームゲームで白黒つけたいから?つながるきっかけづくり?無料のゲームでひまつぶすその暇の暇さがなんとも滑稽である。世代が違うからか、もう、私のこの感覚はおっさん道のドマンナカなのか?が、別にさみしくも悔しくもない。ある方に言わせると「それは楽しいゲームに出会わなかったから・・・。」とのこと。いやいや、まったりとツッコミましょう。「なんでやねん!」と。それは逆逆、「あなたががゲーム以外の楽しいことに出会ってきていないからでしょう・・・。」となる。