右手セットアップの弊害。

 そうかそうか、その通りだ。確かにセオリーを鵜呑みして右手でクラブをセットアップしているが、確かにその感じはありますね。だから、長いクラブでたまにこすり球が出るのか。そうかそうか、左手でクラブをセットアップすれば左肩が開かないアドレスを作れるのか。身体の流れはいつも理に適っています。そして、答はいつも握りしめたこぶしの中。なのに人はそのこぶしを握り締めたままで、それをなかなか開いて答を見ようとしない。もう答がこぶしの中にあるのに・・・。