つぶやくのは苦手かも・・・。

 まだまだ、入口の前ですが、ツイッターでひとことふたことつぶやてみたが、どうも、リアリティーが感じられない。それは、仕組みの中へゴロンとダイブしてないからに他ならないが、そこまでがかなり自分自身遠いと感じてしまっている。もしかして、想定以上に距離があるような感覚。

 確かにblogもmixiもそうだったかもしれないので、今の段階で安直な答を出すことはしたくないですが、入口はかなり自分自身の感覚で言えば小さいツイッター。ということで改めての部分で自分自身と「つぶやく」ということの距離間が意外と遠いことに気が付く。誰かに聞いてほしいひとりごとをインターネットに書き込み、それを誰かが追尾してつぶやきが言葉になり潮流になっているのでしょうが、でもでも、やっぱ、たった140文字で何が組み立てられるのだろう?当然、組み立てないからツイッターなのでしょうけれど、では、140文字に対して140文字を返すことが、140文字をフォローし続けることの実態が何なのか?を知りたい感じたい。

 が、そういうアプローチの人間はたぶんツイッターは向いていないのかもしれない。入口付近でのこの躊躇は意外と根が深いかもしれない。