不二の山か・・・。

 二つとして無い山ってことで「富士山」なのか・・・。登山口は4つあり、初心者は吉田口が山小屋や諸施設が整っていて、交通アプローチが至便で最も利用者が多いとのこと。山開きの7月1日から山じまいの8月末までの2ヶ月が一般的な登山期間。天候が安定するのが7月下旬から8月上旬らしい。旧盆の8月中旬はすでに秋風が吹くらしい。で、上り8時間、下り5時間が目安らしいのですが、初めてアタックする人はいろいろな意味で準備を整えておく必要があるらしい。装備や体力や知識などなど。が、それを飲み込んだ状態でも頂上に立ちたいという気持ちが強い。たぶん、何かのテレビを観ていて登りたいと思ったのかもしれないし、実は昔から少しだけ登りたいと思っていたモヤモヤがそのテレビきっかけてスイッチオンになったのかもしれない。準備はこの1年ほど時間があれば山登りの本を読んだりWEBでリサーチしているレベルですし、体力的には散歩をしながら、毎朝毎晩下半身の運動とスクワットとなわとびを続けています。でも、長時間山道を登るということは全然負荷が違うだろうし、きれいな景色を観ていると気持ちが持っていかれ気がつけば膝も股関節もピークを越えて下山不可能というこにもなるらしいし、何より、3,000m以上の高地の酸素量は薄い。ただでさえ、頭痛持ちの私はかなり早い段階で高山病になる可能性もあるだろう。と考えると考えるほどリスクは大きい。が、しかし、1年以上想い続けているので、今年こそなんとか登りたい。