初夏の山道。

yamamichi100617.jpg
 この道の上の方から年配のご夫婦が額に汗をしながら降りてこられた。そして、車で一息入れて帰っていかれた。たぶん、朝から3~4時間、山を歩きをしてこられたのでしょう。なんともいい時間を過ごしておられるのでしょう。まだまだ、そんな心の余裕がないので、自分がゆったり自然を感じながら山道を歩いているイメージは浮かんできませんが、いつか、気持ちと時間に余裕ができたら、そんな習慣を自分の生活の中に取り入れてみたいと思いましたね。

 梅雨の中日、ちょっと、蒸し暑い日でしが、木陰は涼しい。「ホーホケキョ」も鳴いていましたし、ご両名は、かなり、素敵な時間だったことと。