昼間のパパ。

gamen100625.jpg
 ある出版社の企画である地元(長浜)のカメラマンの方に「昼間のパパ」というテーマで写真を撮っていただいた。さて、私自身が被写体になるのは何年ぶり!?照れる以上の状態でうまいことカメラマンに誘導してもらってパチリ。で、その後、どうなったのだろうなぁ~と思っていたら、これはサプライズと捉えていいものか?こんなところに掲載していただいた。他も全国の昼間のパパの写真があっただろうに、こんなど真ん中に、全く僭越のなにものでもない。が、正直うれしさも50%。

 パパは仕事場では輝いている~みたいなノリにこの一枚もストライクだったのだろう。まぁ、メモリアルな一枚になりました。中央上部のグリーンのフリーズでパソコンの前の馬鹿笑いが私です。この私がニュアンス的にさて「パパ」でいいのかという大きな疑問もありますが、「昼間のおやじ」でもよかったかも・・・。

詳しくはこちら(http://papa.pgc.jp/)をご確認ください。