メダカちゃん第3世代へ。

medakacyan100626.jpg
 ウチの元気なめだかちゃん。わさわさと朝食に群がっております。すでに第3世代の卵が25匹孵化し別の水槽を元気に泳いでいるわけですが、体長は2mmぐらい。身体は透明で目ん玉だけキョロリ。昨年の経験から今の段階で25匹ということは、夏頃までにはたぶん100匹ペース。最初にご近所からもらってきたのが10匹程度でその中に2匹メスがいてそれが現在第2世代を産み30匹に増えた。この第2世代にはメスが6匹いるので、たぶん、たぶん、同じテイで卵を生み続けてそれが順調に孵化したら・・・のお話。まぁ、30匹もいるといろいろなタイプがいます。朝になると私の姿を確認して真っ先に水面にのぼりピチャピチャしている奴、卵を腹にくっつけて中層を悠々と泳いでいる奴、いつまでも、底にある石の間の餌を丁寧につついている奴。現在、孵化している25匹、そして、今シーズンに孵化するだろうのこりの75匹。また、いろいろなタイプが育っていくことでしょう。

 ほんとにメダカは可愛い。こんなに可愛く、育てやすいとは。変な話、1年間のコストは小さい餌ボトル1個。たぶん、数百円。これで、これだけ元気にたくましく卵をうみ続けている。そこそこ大きな水槽でゆらゆら。特に喧嘩をすることもなく、元気に泳いでいます。人間もこうありたいものですね。