上から押し潰す感覚か・・・。

 ゴルフを始めた頃、まだラウンド経験も浅い状態で、ゴルフメーカーのクラブの広告の仕事をしていたのものだから、頭だけはデッカクなってしまい、その知識に身体がついていけずなんとももどかしい時期があったことを思い出されます。でも、ああゆうカタチでゴルフ熱に火がついたことは今となっては楽しいゴルフライフを送れるいいきっかけになったと少し感謝している。クラブに対する知識だけは開発メーカーさんと同じレベルにならなければ、とても、新しいドライバーやアイアンの広告やパンフレットなどは作れなかったからである。そして、プロトーナメントの仕事をさせていただきながら、まだ、まともにドライバーも打てないのにコースマネージメントとか戦略的なこともいろいろゴルフ倶楽部の専門家やプロの方に知識として教えていただけた。

 その頃、すでにプロの方の弾道を見ていたので、自分が練習する時との明らかな明らかな違いを感じていた。それが体力や技術や理論の違いであることは間違いないのですが、でも、目に焼き付いたプロの方の弾道を目指すべく練習場に通っていた。が、到底それは叶わぬ夢だった。

 で、もちろん、体力も経験もセンスも違うのですが、理論としてボールの捕まえ方については、「はらう」のではなく、「打ち込む」のだと知っていた。が、到底それを体感することはできなかったし、本コースに行っても100前後をウロウロしているゴルフライフだった。が、最近、何かのテレビで、ボールを上から押し潰すということにつてお話をされている方がいた。ああ、あのことかと思いながら観ていたのですが、なんとなく、頭で知識として知っていたことが、体感できそうな感覚になったのです。どう考えても、筋肉的にはそこいらのおっさんに劣るわけではないのですが、距離と精度が上がらない。勿論、練習方法もめちゃくちゃなんだろうけど、それでも、ゴルフがワンランク上に行かない。何故か?もし、もう一度、上から押し潰すアイアンショットが素人レベルでも会得することができたら、あと5打はスコアを少なくすることができないだろうか・・・と。つまり、このきっかけで90を切れないかと最近すごく考えています。