Flashはどこへ行く?

 まだまだ、アップルはリミッターを外さない構え。堀がそろそろ埋まりかけているよにも思えるし、牙城は今だ顕在のようにも見える。でも、ガチでどうなんだろう?いくらどれだけアップルが城壁を高く、歩兵を装備しようが、民の声は強いはず。まだ、それに対するニーズにことの軸が集約・フォーカスされているからいいが、もっと、大きなニーズがゴロリと動き出したら、どこかでアップルの恩恵を受けてきた人達なんだから養護の向こう側にある厳しい制裁が想定されるように思うのですが、これは、私が田舎に暮らしているからか?都市圏じゃそれがスタンダードなニーズでさらさらっとサファリってるのか?いやいやそうも思えない。そんなにマスメディアに上手くコントロールされるようなニーズではない。ガチでFlashに取り組んできた人間達は人気や体裁でこの技術を使ってきた訳じゃないですから。ガチで本当にグッドなコンテンツを開発して企業の独自性や物語をタイムラインにスクリプトに記述してきた方達なのですから、それを、無碍にしたアップルの罪は大きい。これも試行錯誤いっぱいいっぱいの末の結論なら納得もいくし長い目で見ることもできなくないが、どうやら、本丸ではそうではなさげである。

 誰もアップルの牙城に攻め込もうとはしないかもしれないが、だからと言って新しいニーズを設定し過ぎて古き良き逞しき百花繚乱な技術・表現を排他していると、相対ではなく、誰か個が上から何かを落としますよ。それが鳥のクソレベルなら痛くも痒くもないだろうが、武装した戦闘機ならどうする?たぶん、技術的にそれはそのデバイスの中で動くはずだろうし、この猶予は予定調和かもしれない。弓の糸は引けば引くほど矢を遠くに飛ばすっていうテイでリアクション狙いなら早くリリースしてください。その矢が引きすぎて折れる前に。

 もしくは、Flashに変わる新兵器で今後30年を戦うっていうなら早くそれを対抗馬にください。もしかしてストア的なことやアプリ的なことがそれに代わるでも思っていたらそれこそ裸の殿様状態。「かんたんにFlashができちゃう!」「Flashサイトをテンプレートから作ろう!」「携帯Flashならこのソフト!」っていろいろ次から次へと出てくるがそれほどFlashは鉄板だということ。ハードルが高すぎるのかもしれないが、安易に簡易にお手軽にデベロッパー達と同じ土俵に上がろうとすることがはなはだナンセンス。そんな皆様のつぶやきを彼が聞いていなわけがない。そろそろ軟化してください。一Flasherの独り言でした。

 私は、アドビのFlashが好きなので、世の中の動向がどうなろうが、この刀を手放すつもりは最後までない。