イモトさん最高です!

 イモトアヤコさんがモンブランの山頂を制覇された。たった1時間の番組プログラムにしておくには惜しい。もっともっと、密着取材で3時間ぐらいのスペシャル企画にして欲しかった。選挙とか政治とかワンパターンなニュースは文字だけでいいから、もう、あの二人の絵はテレビに映してほしくない。もう、すべてメンドクサイ。

 モンブランがどういう山なのか、その困難なテイドがどれほどなのか、テレビの映像を見ながらできるだけ感じ取ろうとしながらのイモトさんの応援。ほんとにほんとに、恐怖と寒さと疲労は人間の限度を超えているのだろう。美しすぎる風景もあの疲労困憊の中では心に映らないのか。身体を動かすのはただただ山頂に立つという強い意志だけ。いつものキャラのセーラー服を脱いで、慣れない装備と道具を身につけイモトさんはモンブランの山頂に立った。あのクレバス、あの斜面、あの風・・・。素晴らしい。

 そして、それをサポートする最強の男達。完璧なフォローアップにカメラマンの映像。ひさびさに素敵なテレビ番組を観た気がした。小手先のテレビの企画がもううすっぺらすぎて終わってすぐにテレビを消した。モンブランか・・・、たぶん、行くことはないだろうし、アタックすることもないだろう。でも、やはり、冬の極寒の山に登りたいと思った。日本なら剣岳だろう。

 で、たぶん、おそらく、もうイモトアヤコさんはタレントとしての人気が落ちても女性プロ登山家として成立するだろうし、この経験を踏まえて、また、書籍を書いてほしいと思います。しかし、カメラが回っているとはいえ、よくしゃべる人だ・・・。しかし、最後のヘリのシーンは必要なかったかもしれないが、逆に自分の足でそこに立つ意義や価値が強調されて良かったのかもしれない。バカ石崎はいいキャラである。