「認定資格」好きだなぁ~!

 「「アップル認定資格」をご存知でしょうか?これはアップルが公式にMac OS Xの知識を試験し、合格者に対して「認定資格」を与えるというものです。実はこの資格、一般ユーザでも手軽に取得可能です。とはいっても、取得するための試験を受ける方法や問題の形式はどうなっているのかということはあまり知られていません。そこで、今回は認定資格の中でも基本となる「アップル認定サポートプロフェッショナル」の試験の申し込みから勉強方法の解説を行います。また、実際にアップル認定資格を撮りたい、Mac OS Xの知識を体系的に学びたいという方向けに、試験対策イベントを9月14日(火)に実施します。」ということですが、これは誰が得をするの?

 ところで「公式にMac OS Xの知識」って何?Macにはかれこれ23歳の時から23年近くお世話になってきていますが、あまりというか、全然、ここまでの知識って必要なかったじゃん!で、改めて「公式」って言われても・・・。まぁ、世の中、なんでもかんでも「公式認定資格」が幅を効かせていますが、それほど・・・。だから、情報のディテールとして、次のお話を聞かせてほしい。何も今からアップルに入社するつもりはないし、もっと汎用的な応用力のある知識やスキルや経験値が求められているんですから、この試験に合格することがどう汎用的なのか?こそが情報のディテールとして知りたいですね。

 それとも認定資格がないと使えないほど「Mac OS X」はゆるいのか???