ツイッターという仕組み。

 まだ、その魅力の全貌は体感できていませんが、少しづつ、まぁ、習うより慣れるより楽しもうと思ってちょこちょこかじりかけています。このテイの取り組みで重要なポイントはガツガツしないことのように思います。ガツガツしても仕方ないっていうモチベから入って、小さいレスをひとつひとつ丁寧に拾っていきその次のレスを楽しみを繋げていくあたりが入口部分として少しずつ楽しくなってきている状態です。また、SNSとは違うテンションがあり、企業さんや出版社や会社レベルでつぶやいている感じと、エキパでプロフェな方が140文字でガチでつぶやいておられるのを拝見していると、日本語の表現力とツイッターの仕組みが浸透する理由がどこか理解できるように感じています。と、まぁ、現在、体感中なので、まだ、ほんとうにこの全容は分かりません。仮に1,000人をフォローして1,000人にフォローされているという構図が実際どうなの?具体的にリスクは少なそうですが、メリットや価値はどこ?それが見えたらもっと楽しくなるんでしょうね。こればかりは本や雑誌で「これこれこうです!」と言われても半信半疑から脱皮できないので、自分で楽しんで感じて答えを出すしかなさそうですね。ブログもミクシィも信頼できる方から進められて、間違いなく楽しい感じですので、じっくりとつぶやき続けてみようと思っております。

 さぁ、あとは、「動画・映像コンテンツ」をどこに展開しょうかなぁ・・・。