海外TVシリーズ「HEROS-3」

 なんかのタイミングでフォロが中断していた海外TVシリーズ「ヒーローズ3」。シリーズ1と2はなかなかだったが、なんだろう・・・、ちょっと、サードステージのDISC1と2を観てちょっと休憩と思ったのだろうか。しかし、サンミュージックさん(地元のレンタルショップさん)の店員さんにレンタルの履歴を調べてもらったらDISC2まで借りておられますね・・・とのこと。う~ん、全然覚えていない。でも、まぁ、店員さんを信じて、DISC3と4をレンタル。なかなか、話が無意味なところで複雑なりつつも、結局、お父さん!お父さんが悪そう。でも、まだまだ、TVシリーズだから2転3転あるだろなぁ~という段階です。

 それよりも、なぜ、サードステージのDISC1と2だけ観てあとを観ていなかったのか???このことの方が映画より気になって気になって、しかも、2の話の続きもそれほど覚えていないので、前回までのあらすじでボヤァ~とした再スタートでした。いろいろな能力者が登場しながら~の、ファーストステージからの役者さんがそれぞれ深く表現されていてその絡み合いが面白い。が、やはり、話が複雑になっていく一方で、それぞれの能力がもう普通になってしまって、刺激という点ではもう「空を飛んであたりまえ」「手から火が出てあたりまえ」「他人の心を操ってあたりまえ」「過去に未来に行きまくってあたりまえ」になってしまっているのがちょっと怖い。どれひとつ不可能な能力者ばかりだから、「うん、こんな能力あったらもっと他のことに使うなぁ~」とか「なんでそれだけこの能力者達は協調性があるのか?」とか、メインのストーりーとは別の次元に気持ちが逸れてします。もし、自分が手も触れずにモノを自由に動かせたら・・・日本の政治家をなんとかしたり・・・ってこれもサイコかもれないなぁ~。

 うん?これが2まで観てその後を観なくなった理由かも・・・?

詳しくはこちらをご確認ください。http://www.heroes-tv.jp/