中田ヤスタカさんのトラップ。

 「僕が君の言葉で悩むはずがない・・・。」か、中田ヤスタカさんのトラップは深く近未来のようでいて、実はリアルを描いている。しかも、本質は源泉から流れている強さがありますあります。時に論理的とは感覚的とシンクロするのですね。