映画「カイジ」。

 映画「カイジ」の後半1時間を観たが、まぁ、なんと言いますか、残念な感じでした。マンガなら面白いのでしょうけれど、実際、藤原さんと香川さんでのあのやりとりのリアリティーはどうでしょう。設定もいまいち理解していな状態であのカードゲームだけを観たのでその重さとか臨場感が伝わってこなかったのかもしれませんが、お互いに重い演技をMAXモードで展開しておられるのですが、やればやるほど・・・重さから滑稽さに代わってしまう悲しさ。さてさて、どんなものなのだろうと観ていたのですが、やはり、最後はちゃんちゃんで残念な映画のひとつになりました。ひとつ人を洞察するという部分であのテーブルでのかけひきは良かったのですが・・・。移入はできませんでした。