肖像画っていいですね。

oilpainting03.jpg
 やっぱ、このクオリティーのオイルペインティングは落ち着きます。実際ここまで描くのにはどれぐらいの時間と魂を込めればいいのか未知数ですがここまで描くと肖像画としては鉄板ですね。やはり、そのディテールといいますか仕上げ的には油絵以上の表現手法はたぶんないでしょうし、日本画や水彩画などの画材で描かれた絵というのも勿論歴史があり素晴らしい作品が多く存在するのですが、絵画の歴史の長さで言うなら油絵が最高峰だと思います。天文学的な価格価値がついてる作品などもやはり油絵ですし、画商さんの中でも取引されている価格帯もたぶん油絵がクラス的には最高なんじゃないでしょうか。だから、油絵を描くのが好きだということでもないのですが、やはり、この質感や描く人の気持ちや魂を込める手法としては油絵という画材はその長い歴史と共に様々な取組が展開されてきたわけですから、そこに知恵やスタイルは深いモノがあると思います。