映画「告白」。

kokuhaku.jpg
 主演の松たか子さんの充実した演技が観れるのだろう。とても楽しみです。物語については待ち切れずに原作を読んでしまっているので、展開は文脈では頭に入っていますが、さて、それが2時間の映像になり映画として鑑賞した時に小説のそれとどれぐらいののびしろとなるのか・・・?楽しみです。昨今、あまり邦画は興行収益的には洋画を超えているという情報もありますが、さりとて邦画が以前より面白くなったとは思えない。文学的な作品や時勢をトレスしたリアルな作品はいつの時代も爪痕を残してきています。海外で評価される邦画に魅力的だと感じる映画が極端に少ないので、邦画のテイストを引っ張るのはやはりやはり主人公の俳優さん・女優さんだと思います。だから、どんな偉大な受賞を受けようが素人なんでも映画評論的には「つまらない。」となる。

 が、さて、映画「告白」はどうだろう?R指定もあるそうだし、その物語的に話題にもなっていた。今のところ想定されるテンションを上げる要素は十分である。物語が良かったので映像も挑戦的な映像であって欲しいと願っています。