ノルウェーの森か・・・。

 そうかそうか、これが映画になるのか。何故今なのだろう?いろいろな意味で期が熟したのだろうか。かなり以前に小説を読んだが、不思議な小説だった。そこから完全に村上春樹は読まなくなった。軽すぎたのか重すぎたのかシンプル過ぎたのか難解すぎたのか直接的だったのか間接的だったのか、もう、その時の記憶はないが、何故かこの小説から村上春樹の小説は読んでいない。それが映画になる。小説と映画は質量が違うだろうが、さて、どんな映画作品になっているのだろう、少し、楽しみである。