怒らないこと・・・か。

book_okoranaikoto.jpg
 著書「くじけないこと」の同著者の「怒らないこと」「怒らないこと2」という書籍があります。それぞれに二人の精神科医さがコメントを広告に寄せているのですが、ひとりは「「自我はない」この言葉にドキリとした。そして、人として、精神科医として考える旅がはじまった。」と言い、もうひとりは「1ページ1ページに目を開かされた。言葉のもつ力、論理性の高さ、驚くべき著作。」とある。まぁ、ものは言い様ではあるが、ドキリも論理性の高さも確固たるモノサシなど存在しなから、このお二人のさじ加減ひとつ。精神科医さんという肩書きはさて置き、お二人が何者かも知らない状況で活字だけを読んで特にテンションはあがりませんが、「くじけないこと」という書籍が気になっていただけに、次は「怒らない」か・・・と。なる。この現代においてくじけずに怒らずにいることはイコール何者なのか?というQUESTIONである。

 という意味でなんとなくこの著者「アルホムッレ・スマナサーラさん」はチェックかもしれない。