あと1ヶ月です。

 いわゆる師走です。あと2010年も1ヶ月。なんとかオリジナルカレンダーは完成したので、ぼちぼちとお世話になった皆様に配ったり発送したりしております。あと、いろいろ販売促進的なことや新しい企画など年頭にやりたいと構想していたことは、まぁ、いつものことながら30%もできませんでした。なかかな時間を作り新しいことや仕事以外の営業促進や新企画への取り組みって難しい。世の中が厳しい厳しいという空気なものだから、何かそれだけで追われているような危機感を煽られて、「こんなことしてる場合じゃない!」って考えてしまう。でも、現状維持は100%維持にならないし、継続力には繋がらないことは周知の事実。動き続けることが何よりも大切だと頭で理解していても、だんだん、展開力というか行動力が萎えてきているのか・・・?ダメダメ、これじゃダメと、自分自身にムチを入れるもアメは意外と美味しい。ムチも放置されて~みたいなことになってしまっています。やはり、モチベーションを上げることや維持することが大切ですから、そんな時こそ自家発電できな場合はパートナーを持つことだろうと思います。会社のスタッフやましてやカミさんはそのタイプではないので、ガチでモチベーションやビジネスモデルのお話の深い部分を意識共有できる「相方」がそろそろ欲しいと思っていた。

 しかし、それは意外と近くにいた。それが「キノギノプロジェクト」になる。ほんとにキノさんとの情報交換はモチベーションが青天井。いろいろな好条件がここまで重なると心地いいを飛び越えて昇天の連続である。が、情報の交換だけでは熱は発生しない。知識をネットで交換できたなら、次のプロセスとは質量のあるモノの交換であり、個体が動くことである。つまり、このプロジェクトをきっかけに来年2011年はまさしく「KINOGINO元年」にしなければならない。数多の構想プロジェクトを多くのクリエイター・アーティスト仲間達と質量のあるクリエティブ・アートワーク・プロダクツに変えていこうと思っております。そのアンカーとして「KINOGINO CALENDAR 2011」を作りましたので、まだまだ、ふわふわした遍在価値の芽生えですが、必ず、質量のある価値に変えていきたいと思います。その考え方の指針としてのコードネームが「GALAPAGOS(ガラパゴス)」となりました。また、この詳細はオフィシャルのサイトも作成するので、そちらでじっくりと、そして、このブログで部分的に記述・案内していこうと思っております。

 そんな、あと1ヶ月を迎えての独り言でした。