立体視映像作成機能か・・・。

 そうかそうか、ついにそれがこのソフトでできてしまうのか・・・。まぁ、機能的には3Dですから、立体視映像作成も同じ軸の上、立体視させる画像処理さえ演算すれば疑似で立体化はできるだろうとは思っていたが、もうすでにそれが出来てしまう。しかもいつも使っているソフトで比較的簡単に。これはチェックですね。バージョンもひとつ上げるだけのようですし、どこかの段階で近いうちにこの取り組みはしておきたいですね。3Dだからどうやねん!という気持ちも心のどこかにあるものの、お仕事として3D的な立体表現をWEBや映像コンテンツで・・・というニーズが発生した時におろおろするよりも、試験的に何かを立体視的に作ればどんなテイかが実感できるし、これは意外にイケるかもしれないし。オモロイコンテンツが作れるかもしれない。自分自身が3Dだからどうだと考える感覚と、世の中の3Dへの効果に対する期待値にギャップがあるとしたらそれをどこかで確認したい気持ちもある。

 なんでもそうですが、知識として知っている範疇から実際自分が活用したり作ってみて感覚が違うことが多いので、これもその類かもしれないし、意外と摩訶不思議な立体映像ができるかもしれないし、大好きな恐竜やくじらが立体的に3D映像で動かせたら単純にオモロイ。これも何かのサインかもしれませんし、気持ちが向いているうちにソフトを揃えて何かやってみようかなと思っております。

詳しくはこちらのWEBサイトをご覧ください