日本語 語感の辞典。

 日本語 語感の辞典という書籍を買った。もうすぐ到着する。これは楽しみ。WEBサイトや電子メールでのコミュニケーションにおいてどうも「語感」がになる。最近のいろいろな情報交換時に起こるいいこと悪いことはすべて3つのゴカンに包括されるような気がする。ひとつがこの「語感」そして二つ目が「五感」であり、三つ目が「互換」。この3つのゴカンが情報交換の際に注意しなければいけないポイントのように思います。印刷物ならあまり気にすることのなかった、広告やメディアの場合は相手がマスだっただけにそういうテイでという先入観や固定観念に助けられていた部分がダイレクトの情報交換においては相手のパーソナリティーを判断する必要があると言われている。つまり、印刷物に施術するコピーライトやメデァイに発信する場合のライティングとは違ったディテールをテクストに適用しなければいけないと思います。これが難しい。ひとつの語彙にさえ多様な受け取り方が発生する。これをしっかりと踏んでおくためにもこういう書籍「辞典」が開発されたのだと思います。辞典は昔から読み物だと思っているので、ぼぉ~と書籍のように読むのも楽しい。ちょっとテイストの違う書籍です。楽しみ楽しみ。