ましゅ~君へ。

 拝啓、ましゅ~君へ。お元気そうですね。年賀状ありがとう。まず、アイアンとドライバーの件ですが、これは春になったら芝生の上でお教えいたしますのでそれまで自分なりに試行錯誤してください。そもそも、アイアンとドライバーを分けて考えている時点でスイング理論がぶれています。普通はぶれるというかどちらかに軸足を置いていくアプローチが正しい、自然のようですが、どちらも同じスイングで・・・などという雑誌やテキスト本の類には精神論が入っているので、実際、100前後のアベゴルファーには到底想像もできないレベルでのお話だろうと思っております。しかし、それぞれのスイングを突き詰めると確かにそうなんだろうなぁ~という感覚はないわけではないが、でも、「同じです!」とは言えるにはまだまだラウンド経験が必要だと思っております。よって、お教えしますと申し上げましたが、そんな教える教えられるというゴルフよりももっと現場で楽しむ方法をお互いに見つけませんか?そこで、結果、同じになるかもしれないですし、そうならないかもしれません。それでも楽しかったらいいじゃん!みたいな方が逆にスコアメイクできたりすると思います。で、振り返れば、「ああ~、ドライバーとアイアンは一緒でいいじゃん!」みたいなことがそれぞれ各自の正解のように思いますよ。

 で、ボルダリングのトレーニングをしているからグリッププレッシャーがどうのというレベルでは、まだまだあなたも100切りは遠いですね。最適なグリッププレッシャーがどの程度かはもう数多の雑誌にひも解かれています。それをいかに自分のスイングに適用できているかでいいのではないですか。まさか、まだ、手の平にタコができている段階ではないはず。ビギナーが手のマメやタコをこれ見よがしに自慢するケースがありますが、この段階は少なくとも卒業しておいてくださいね。

 野球で私があなたのボールを受けていた頃、そのヘナチョコボール(新しいチョコボール商品ではないですよ)を思い出すにあたり、あなたの筋力はたかが知れています。マラソンのことについても、それほど瞬発力なゴルフではないと想定した上で、さて、あなたのPWの距離は何ヤードですか?これを聞けば大枠ののびしろが判断できます。また、いつでも私の道場の門をた叩いてください。さらば開かれん・・・ですから。